平塚工科高等学校
 学校長挨拶

平塚工科高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

平成28年4月に着任いたしました、片受 健一(かたうけ けんいち)と申します。今後とも、よろしくお願いいたします。

 

本校は、昭和14年に、産業の振興を目的として、神奈川県第二工業学校として創立され、昭和15年には、神奈川県立平塚工業学校として改称されました。以来、産業界をはじめ各方面に多くの優秀な人材を輩出し、さまざまな歴史を経て、平成14年に、平塚工業高等学校と平塚西工業技術高等学校が再編統合され、平塚工科高等学校総合技術科として設置されました。

西は富士を仰ぎ、南は相模灘に面した恵まれた教育環境にあって、1年生では工業の各分野を広く学び、2年生から生徒一人ひとりの興味・関心や進路希望に応じて、自動車系、機械系、電気系、環境化学系、総合技術系を選択し専門的な学習を行っています。

「誠実 健康 創造」を校訓として、将来の産業を担うスペシャリストを育成するため、工業ならではの資格取得、ものづくりをとおした技術・技能教育に取組んでいます。

 

今後はさらに、実際的・体験的な学習を通して、科学技術の進展を担うために必要な課題を発見し解決する力や主体的に学ぶ意欲、技能等、これからの時代に必要な資質・能力の育成に向けた教育活動の充実に取組んでいきます。

生徒たちが明るく楽しく元気よく学校生活を送れるよう、教職員一同、総力をあげて取り組みますので、皆様の本校に対するご理解とご協力をお願い申し上げます。

   

平塚工科高等学校

校長 片受 健一